早漏の定義、原因、改善法のご紹介をしています。自分に一番合った改善策を取るのが早漏改善への近道です。

スーパーカマグラ

早漏の基礎知識

早漏改善法

早漏防止薬

早漏防止薬の購入方法

早漏とは

早漏とは

まず早漏というのは射精のタイミングを上手くコントロールすることが出来ずに、早く射精してしまうことです。早漏の方で多い悩みというのが女性を満足させることが出来ず寂しい気持ちにさせてしまうというものです。実は日本人男性の約8割の方が早漏であると言われています。ですが、この中の過半数の方が早漏というのは恥ずかしい事と捉えているため、なかなか表だって言うことはまず無いでしょう。

早漏の定義

早漏の定義

気になるとこは何分以内なら早漏と言われるかというとこですね。2008年の米国泌尿器学科会で内容が発表され、それが早漏としての一般的な定義として考えられると言われています。それが下記の3つです。

・射精がいつも女性の膣に挿入1分以内に、または挿入前に起こる。
・膣内挿入に関して射精を遅らせることがほとんどできない。
・性交が悩み、苦痛、フラストレーションの原因となる。


上記の3つ以外にも、挿入後2分以内、またピストン運動を10回以内に射精してしまうなど、様々な説があるため、現状でははっきりとした定義はないとされています。

現段階では、18歳~30歳までの日本人男性の方で、挿入から射精に至るまでの平均時間は約7分~9分と結果が出ています。年代別に見てみますと、

20代…7分~8分
30代…10分~12分
40代…10分~13分
50代…15分程度

となっています。

こう見ると年齢が上がるにつれて徐々に時間が増えていってます。また、女性が男性に求める時間は平均にして約15.7分、30分以上を希望されている方が14%、3分以内を希望している方が3%となっています。女性側からの要望で見てみますと、5分以内だと早漏という意見もあります。この様に様々あるため、早漏の定義として学科会で発表された内容の1分以内に射精に至ってしまうという見方が良いのかもしれません。

ちなみに、時間の話をしてきましたが、もう一つ説があり、何分かけても女性が満足する前に射精してしまえばそれはもう早漏じゃないのか?とも言われています。逆に言えば、女性を満足させることができるのであれば、平均時間より短くても早漏ではないと言い切れるのかもしれませんね。

早漏の原因

早漏の原因

まず射精するまでのプロセスとしては、性的興奮が高まってくると、陰茎に伝わり勃起が起こります。勃起が起こると同時に精嚢、前立腺から液体の分泌が起こり、その精嚢と前立腺から分泌された液体が混じり合い、精液が作られます。そして、脳の射精中枢に刺激が蓄積され、ある一定のレベルに達してしまうと、精液を尿道に放出するよう射精中枢から信号が出て、射精に至ります。

ではこの射精中枢からの信号をコントロールできないの?と疑問を抱くと思いますが、はっきり言ってしまうとそれは不可能です。射精というのは生物学的に「反射」とされていて、特定の刺激に対し、意識することなく起こってしまう現象とされているのです。そのため、どれだけ自分が意識して頑張ろうとも射精をコントロールすることはできないのです。

そして、早漏の原因にはいくつかタイプがあり、それぞれ特徴というものがあります。大きく分けて4種類です。

心因性早漏…精神的な部分からきてしまうもので早漏の原因として一番多いと言われているものです。
過敏性早漏…刺激にあまりなれていないため、過剰に反応してしまうものです。
包茎性早漏…亀頭部分が敏感となっていて、強い刺激にさらされて起こってしまうものです。
衰弱性早漏…加齢に伴い、下半身の筋力が衰え、射精管閉鎖筋の筋力が低下して起こってしまうものです。

過敏性早漏はあまり刺激に慣れていない若い方に多くみられます。包茎性早漏に至っては日本人男性の約6割が仮性包茎と言われているため、当てはまる方は多いのではないでしょうか。また、その中でも包茎の具合によって変わってきてしまいますので、皆が皆この包茎性早漏に当てはまるというわけではありません。

上記で紹介した4つの原因の中でも一番やっかいなものが心因性早漏です。これは精神的な部分から来てしまうということで、年代関係なく、一般生活からでも起こりうるものです。現段階ではこの心因性早漏が一番多くみられていると言われ、ナイーブな方や、感受性豊かな方に多い症状とされています。また、ストレスや緊張、性行為に対する恐怖心や不安なども関係してきますので、今までは早漏ではなかったのに急に発症してしまうということもあるようです。ちなみにマスターベーションで射精のコントロールはできていても、セックスではできないという方は、この心因性早漏の疑いが強いと言われています。

早漏とEDの関係性

早漏とEDの関係性

実は、年齢を問わずして、EDと早漏を合併しているケースの患者が非常に多くみられています。EDというのは勃起不全という病気です。その名の通り、勃起することができない症状です。こちらも心因性EDと言って、精神的な部分から来てしまうことが多く、研究によるとEDで悩んでいる方の約1/3が早漏でも悩んでいるという結果が出ています。EDですと、十分に勃起をキープすることができなく、「萎える前に射精しないと」という焦りから追い立てられ、早漏になってしまうというケースが多くみられます。そして、この様な事が続くと、EDも悪化し、早漏も悪化してしまうという最悪のケースに陥ってしまいます。

また、早漏からEDになってしまうというケースもあります。先程も記述した通り、EDの原因の大半が精神的な部分からです。そのため、早漏ということで性行為に対して緊張やストレス、またコンプレックスからの恐怖心や不安などといったものが原因となり、そこからEDに発展してしまうというケースも少なくはない現状です。

早漏改善法

早漏改善法

早漏を改善するには様々な方法があります。一番は精神的な部分から来てしまう心因的早漏を改善するため、まずは気持ちの面から変えていきましょう。それ以外として簡単にできるトレーニングや早漏防止の医薬品もありますので、簡単にご紹介していきたいと思います。

早漏改善トレーニング

早漏改善トレーニングというのはその名の通り、日頃から早漏を改善するために行うトレーニングです。様々なトレーニング法があり、PC筋といった筋肉のトレーニングや、スクイーズ法やセマンズ法など、どれもすぐに始められるもので、効果も立証されているため、やっていて損はないでしょう。また、このようなトレーニングは途中でやめてしまうと効果がなくなり元に戻ってしまうこともあるので注意しましょう。
詳細は下記ページにて記載しています。

早漏改善トレーニング

早漏防止薬

薬を使って早漏防止をするのは不安だという方も多いと思います。ですが、早漏を外的要因で防止するという行為は昔から行われていることなので安心してください。早漏防止薬は様々な種類があり、スーパーカマグラスーパータダライズといった飲み薬。リドカインといった塗り薬。また、クライマックススプレーといったスプレータイプの薬などあります。それぞれ用法が変わってきますので自分に一番合った医薬品を使うようにしましょう。
詳細は下記ページにて記載しています。

早漏防止薬

食事で早漏改善

精力の低下から早漏は引き起こされるということがあります。そのため、食事を改善することで早漏防止をすることができます。どの様なことかというと、栄養をしっかり摂取し、体力、勢力を補い維持することが大切です。ここで注意してほしいのが、一般的にスタミナ食と言われているものを食べ続けるということではありません。資質やたんぱく質、糖質、抗酸化物質、ミネラルビタミンなど、偏った食事はせずに、バランスよく摂取することが大切となってきます。

手術で早漏治療

手術で早漏改善

早漏治療で代表的なものとして、早漏注射というものがあります。これは注射で皮膚を分厚くすることで感度を鈍感にし、早漏を改善しようという手術です。この早漏注射には2種類あり、1つは吸収タイプ、もう1つは定着タイプといったものがあります。どちらもメリット、デメリットがありますので、手術で早漏を治したいという方はよく考えて行うようにしましょう。

吸収タイプは薬剤を注入しても体内に吸収されてしまうというものです。コラーゲンやヒアルロン酸などがあり、注射をしても半年程度で体内に吸収されます。そのため、早漏防止の効果は一時的なものとなり、効果がなくなった時にはもう一度受けなければなりません。料金は1回4万~10万程で、1年間で2回してもらうとしたら最低でも8万以上はかかってしまいます。

定着タイプは薬剤を注入しても吸収タイプと違って、体内に残り続けるものです。最も有名な成分ではアクアミドというもので、こちらは体内に吸収されないため、半永久的に効果が持続します。料金は1回12万~20万程度で長い目で見ると吸収タイプよりもこちらの定着タイプの方が安いかもしれません。ですが、こちらは体内に異物がずっと溜まる事となるため、危険性は多少なりともあります。一部ではガンの原因とされることもあるそうです。

この様に様々な改善法があるため、この方法が一番良いというのは一概には言えません。また、当サイトで紹介している早漏防止薬は、通販サイトを利用しなければ購入することができません。それぞれ自分に合った方法を試すようにしましょう。